ようこそ「しげの樹」へお越しくださいました。

Recommend BGM right now → <Bill Evans trio>


Jazzでも聞きながら、まったり御覧ください。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人材戦略というのは、企業にとって重要な問題の一つです。経営戦略の遂行は、当たり前のごとく「ひと」が行うことなので、いくら抜群な経営戦略があったとしても、最前線で戦術・戦闘レベルで戦えないと戦略を遂行できません。

と、当たり前のことを書きましたが、ちょっと衝撃的な記事を見つけました。

大江アナ


テレ東WBSメーンキャスターが小谷真生子から大江麻里子へ - ネタりか

この記事そのものに品性の無さを感じますが、この話が本当なら、ご本人(大江アナ)のキャリアにとっては申し分ないものの、

「潜在的才能がある人がある特定範囲で強大なパワーを顕在化させて発揮する」

という「事実として」の貢献と、

「もっと大きな舞台へ出るということで更なる貢献をする可能性がある」

ということと、

「それと引換にその特定範囲が弱くなる可能性がある」

という相反性について考えてしまいます。

ただ各々キャリアは大事だし、後任も人選含めて全体の将来を考えた人材配置が重要だ、という人材戦略の重要性を考えさせられる內容でした。まぁ、そこまで膨らませる記事でも無いのかもしれませんが。

モヤさまは、最近TVを見なくなったにしては毎週楽しみにしている番組。激戦の日曜19時で今でも続けられるというのは、優れたバランスを持った番組なのかと思います。
セグメンテーションとターゲティングと、きちんとしたポジショニングで、きちんと番組を提供できて、且つ人選が(慣れてきた部分も多いですが)抜群で、個性をカバーし合ういい番組だと思います。企画もいいし。

が、やはり深夜枠から見てきたものにとっては、時代の流れみたいなものを感じることもあって、モヤってなかったり、ちょっと抑え気味のところがあったり。

時代背景というものが番組を変えていく。長寿番組は不変の內容である(となった、とした)のだと思いますが、特に「長寿を意識せず始まったバラエティー」は、どこかの時点で時代背景の変化についていけなくなる時が来るのだろうと思います。


明石家さんまさんの「恋のから騒ぎ」が終了した経緯をご自身が語っていましたが、

「バブルの頃は出演する女性も強烈個性がある人を選べたし、またその話題も派手だった。今の時代は(景気のせいもあり)話題が普通過ぎて番組として成立しなくなった」

というのが印象的に残っています。


いちファンがどうのこうのいう內容ではありませんし、ここまで膨らませる記事ではありませんでしが、ふと人材戦略の難しさと危うさ、ポジショニングと差異化と関係者の「楽しみ感」により「地味に見えてウケるモノ」を提供できるというマーケティングの妙と、時代の流れに沿った事業運営(特に外部環境をきちんと把握して、潮時を把握する)という難しさを考えさせられる記事でした。


繰り返し言いますが、この元記事の內容は品性が無い・・・


追伸:できれば大江アナの後任は松丸アナでお願いします(笑)


モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.16、VOL.17)
モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.16、VOL.17)

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.18、VOL.19)
モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.18、VOL.19)


関連記事
2012.11.24 Sat l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shigenoki.blog.fc2.com/tb.php/11-8866cb99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。