ようこそ「しげの樹」へお越しくださいました。

Recommend BGM right now → <Bill Evans trio>


Jazzでも聞きながら、まったり御覧ください。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
SONYがバランスド・アーマチュアドライバを搭載したヘッドフォンを発売しました。中高域の再現性にすぐれており、クリアで伸びのあるボーカルを再現できるとのことです。

130118_sony_ba_184_138.jpg


バランスド・アーマチュア-Wikipedia

マグネチック型とほぼ同じだが、マグネチック型が鉄片を直接振動板として用いるのに対して、こちらは鉄片の振動を細い棒(ドライブロッド)で振動板に伝えて振動させるという点が異なる。戦前から昭和の中頃までテレビ・ラジオの個別聴取のために使用されてきたマグネチックスピーカーと全く同じ原理である。ダイナミック型と比較すると、吸引力が非線形なため歪が出やすく、鉄片が磁石に吸着してしまわないように振動系を固く支持する必要があるため、周波数帯域が狭くなるという原理上の欠点がある。しかし、ダイナミック型より小型化が容易なことから、音質よりも小型化が要求される外耳道挿入型補聴器等によく用いられている。
イヤホン(日本ではインナーイヤー型ヘッドフォンと称される)の高級タイプでは、低域用・中域用・高域用など専用ドライバーに分けて、周波数帯域が狭いなどの原理上の欠点をある程度改善した製品が開発されている。



ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー レッド XBA-C10/R
ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー レッド XBA-C10/R

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー ホワイト XBA-C10/W
ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー ホワイト XBA-C10/W

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー グリーン XBA-C10/G
ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー グリーン XBA-C10/G

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック XBA-C10/B
ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック XBA-C10/B


ちなみに真鍮削り出しなんていう高級BAヘッドフォンもあって、結構お高めです。

Final Audio heaven s バランスド・アーマチュア型イヤホン 真鍮削り出し筐体 FAD-FI-BA-SB
Final Audio heaven s バランスド・アーマチュア型イヤホン 真鍮削り出し筐体 FAD-FI-BA-SB

◆ライブの空気感までをリアルに再現
音楽は、「力」それがファイナルオーディオデザインの製品の基本です。ソフトな音、耳あたりの良い音だけで構成される音楽はあり得ません。ピアニッシモもフォルテッシモも力強く響く。それが感動へと繋がって行くのだと信じて創り上げました。ファイナルオーディオデザインのバランスドアーマチュア型イヤホンは、ライブの空気感までをリアルに再現いたします。

◆筐体内の空気の流れを最適化するBAM機構により、自然で量感ある低音を実現
BAM機構(Balancing Air Movement)とは、筺体内空気の流れを最適化する事により、品質と量感を両立した低音を実現したかつてない仕組みです。BAM機構に最適化された独自のドライバーユニットも開発。バランスドアーマチュア型の特長である繊細な音質はそのままに、低音部分の弱点を本質的に解消。演奏者のほとばしる情念までもリアルに再現いたします。
FADFIBASB.jpg

◆独自仕様のフルレンジドライバーで、ネットワークの悪影響から解放
BAM機構の採用により低域再生帯域が拡大。ネットワークの存在が引き起こす位相他の諸問題を原理的に解決する、フルレンジでの使用が可能になりました。素直な位相特性やアンプとの直結回路により、マルチやトリプルドライバーでは困難であった、ライブならではの雰囲気や空気感までをリアルに再現します。

◆真鍮切削加工、高剛性筐体により立ち上がりの早い音で明るさと重厚さを両立
高い精度で切削加工された真鍮高剛性筺体によって、不要な振動を抑制。真鍮ならではの明るさと重厚さとをあわせ持った、立ち上がりの速い音を実現。



やっぱり高級品はすごそうですね。
関連記事
2013.01.18 Fri l ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shigenoki.blog.fc2.com/tb.php/22-0cf1de22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。