ようこそ「しげの樹」へお越しくださいました。

Recommend BGM right now → <Bill Evans trio>


Jazzでも聞きながら、まったり御覧ください。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ものごころついた時から馴染みのある「日本直販テレビショッピング」の日本直販が破綻したというニュースは、ちょっとした衝撃でもありました。

最近なかなか大変なんだろうなぁ・・・

と想っていましたが、記事を読んでみると興味深かったので、ちょこっとlogします。

日本直販破綻:ネットへの対応遅れ テレビ広告費かさむ- 毎日jp(毎日新聞)

「日本直販」ブランドのテレビショッピングで知られた総通が経営破綻したのは、成長を続けるインターネットを通じた市場への取り組みが遅れたことが大きい。通販業界自体は市場が拡大しているなか、広告費などのコストもかさむテレビだけでは限界があることを示した。
              ・・・ 続きを読む




グラフをみると、通販業界自体は市場が拡大しているのに、何故日本直販が・・これは広告コストがかさむテレビだけでは限界があることを示しています。

記事によると、

  • 総通は90年代に500億円を超えた売上高が11年9月期に255億円に半減。業界紙「通販新聞」によると総通の売上高は業界40位、テレビ通販に限っても11位にとどまっていた。
  • 総通の不調と対照的に躍進したのが00年11月にウェブサイトを開設した米系ネット通販のアマゾンジャパンで、通販新聞によると今や業界最大手。11年度の売上高は5000億円台前後と推定される。

ってことで、結局、家電だけでなく書籍・音楽など、様々な分野で幅広く、しかも物流も自社でコントロールして、圧倒的物量で宅配業者へのバーゲニングパワーを発揮できるところが強いってことですね。

  • カタログ通販が中心だった大手の千趣会は、00年に始めたネット通販が現在では、年間売上高約1300億円の6〜7割を占める。主な顧客が30〜40歳代の女性だったこともネット通販にシフトしやすかった。
  • 深夜のテレビ通販が中心だったジャパネットたかたも00年にネット通販を始める一方、01年にはCSデジタル放送で自社の専門チャンネルの放送を始め、現在は商品紹介番組を24時間流す。一方で、新聞の折り込みチラシなど紙媒体も重視する「メディアミックス」戦略で顧客層を拡大。テレビ通販を始めた94年に43億円だった売上高は11年に1531億円に拡大した。

で、日本直販は最近でもずっとテレビCM中心。結果論的ではありますが、時代の流れをうまく見ないと生き残りも難しく、逆に千趣会・ジャパネットたかたのプロモーション戦略の立て方も勉強になります。



「おまちし~て~いま~す~」が泣けますが、この商品そのものも泣ける。

参考情報(引用)

日本の通販市場
  • 日本通信販売協会によると、会員企業と非会員企業の売上高を合計した11年度の通販事業の市場規模(非会員企業は推計値)は5兆900億円で、過去最高を更新した。会員企業のみでも3兆2300億円に上り、過去最高だった。協会によると非会員企業はアマゾンジャパンのほか、インターネット通販専業の中小企業が多くを占めるという。


国内通信販売の市場規模の推移
  • 会員企業の媒体別売上高を05年度と11年度で比較すると、カタログが31.6%から22.3%に減ったのに対し、パソコンを通じたインターネットは15.0%から23.4%に増えた。携帯端末を通じたインターネットは11年度に3.3%だった。ネット利用者が若者から60歳以上の高年齢層に広がったことが、通販市場全体の拡大に貢献したと見られている。

如何に流れをうまく読むか。それには「極限を考えた生き残り力」みたいな、人の本質が問われるのかもしれません。

関連記事
2012.11.10 Sat l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shigenoki.blog.fc2.com/tb.php/4-4f72c4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。