ようこそ「しげの樹」へお越しくださいました。

Recommend BGM right now → <Bill Evans trio>


Jazzでも聞きながら、まったり御覧ください。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近ではAR技術が発展してきて、とてもおもしろいことになってきています。
Kinectとヘッドマウントディスプレイを組み合わせて、そこそこ実現性の高いシステムが出来つつあります。

拡張現実 - Wikipedia

拡張現実(かくちょうげんじつ)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。
英語の Augmented Realityの日本語訳であるため、それを日本語発音した「オーグメンテッド・リアリティ」や、省略形のARも用いられる。また、拡張現実感(かくちょうげんじつかん)とも言う。

コンピュータが現実を拡張する手段としては、視覚・聴覚・触覚など、人のすべての感覚器官と体性感覚に対する情報提示が試みられている。バーチャルリアリティでは、人に提示する仮想物体のリアリティが重視されるのに対して、拡張現実では、現実世界の位置や物体などのコンテクストとの関連性も重視される。後者に重きを置いたシステムでは、例えば場所や物の説明を文字や音声で行うなど、現実を拡張する手段として単純な情報提示手法が用いられることもある。
多くのシステムでは、情報の提示や取得に、バーチャルリアリティで広く利用されているデバイス、もしくは技術が利用される。例えば、視覚情報提示には主にヘッドマウンテッドディスプレイが利用される。しかし、現実環境における作業を支援する意図から、携帯電話等の小型情報端末の画面を用いた提示も検討されている。
提示される環境の主体が現実環境であることから、現実環境における作業支援がその応用分野として期待されている。例えば、道案内情報の提供、航空機やコピー機のメンテナンスを行う技術者に対する技術情報提供、医療分野における手術支援[2]に向けた情報提示などの応用研究が行われている。




紹介PVの一つ目はグーグルグラスの「手で操作」版。





これは作業手順をAR技術で示したもの。




これらのディスプレイになっているのが、モベリオBT-100です。




はやく実現すればいいなぁ・・・とおもいますが、たちまちはこれでDVDを見たい。

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-100 3D対応 重量240g
EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-100 3D対応 重量240g


こういうアイテムもあります。ただAndroidとかWi-Fiが無い分、単なるディスプレイとしてしか使えませんね。

Vuzixビデオアイウェア多くの映像機器から大画面2D/3Dで視聴できる装着型ディスプレイ Wrap920
Vuzixビデオアイウェア多くの映像機器から大画面2D/3Dで視聴できる装着型ディスプレイ Wrap920

で、これがKinectになるわけです。
Xbox 360 Kinect センサー
Xbox 360 Kinect センサー
さすがに開発関連の書籍もたくさん出てますね。

Kinect for Windows SDKプログラミングガイド―5種のセンサで人間の動きをとらえる! Visual C++ (I/O BOOKS)
Kinect for Windows SDKプログラミングガイド―5種のセンサで人間の動きをとらえる! Visual C++ (I/O BOOKS)

Kinectソフトウェア開発講座 (Programmer’s SELECTION)
Kinectソフトウェア開発講座 (Programmer’s SELECTION)

KINECT for Windows SDKプログラミング C++編
KINECT for Windows SDKプログラミング C++編


はやくこういうモノが実際に使える時代にならないかなぁ・・
関連記事
2013.02.10 Sun l AV機器 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shigenoki.blog.fc2.com/tb.php/46-685893dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。